2009年5月3日

ウェブマーケティングのかなめ:SEなんとか、、

ビジネス用のウェブサイトの作り方としては、やはり、マーケット市場の動向を詳細に調査してから作りはじめるべきだと思うんです。

一般的には、SEM?O?とかっていわれているようなんですが、詳しくはよくわかりません。

けれども、根本的な基本事項としては、いかにして成約率のたかいアクセスをウェブサイトに集めてくるのか?っていうことだろうと思うんです。

ウェブサイトへのアクセスの入り口としては、検索エンジンでの上位表示っていう方法がメジャーかと思いますが、お金でアクセスをかえるのなら、それもひとつのウェブマーケティングだと思うんです。

アクセスの購入=クリック広告での集客、アフィリエイト広告での集客などいろいろあるかと思うんですけど、費用をたっくさんかけたわりに、成果の方があんましだったら正直がっかりだってことにもなりかねないと思うんです。

ぶっちゃけ、ウェブサイトの成約率としては、検索キーワード広告が一番効果が高いと思うんです。

なので、キーワード広告の場合は単価の方も若干高めになってきます。

けれども、検索ボリューム的には、やはり、少ないものなので、集めることのできるアクセス数にも限りが出てきてしまいます。

そうなると、ネットワーク内でのコンテンツまっちなものもっていうところに手がいきがちですが、たくさんのアクセスが集まってくるんで、作成したウェブサイトの質によって、その成果が大きく違ってくるものと思います。

そこで、いかにして、品質の高いウェブを作成するのかっていうことになるかと思うんですけど、やっぱ、ウェブサイトの作り方っていうのは、誰でもみたらすぐわかるっていうアクセシビリティーの高いウェブサイトがいいのではって気がします。

アクセシビリティーって、おおまかにいって訪問者にやさしいっていう意味だと思いますが、最後までボーっと見ていてもなんとなくわかるっていうのが、訪問者さまにわかりやすいウェブサイトだろうと思うんです。

それには、人の気持ちを察するというスキルが必要なのではないかって思いますが、それはウェブ作成だけではなく、オフラインでの恋愛にも通じるものだとぼくは思うのです。
posted by たまちゃん at 2009-05-03 14:07:34 ウェブサイト作成